ようこそ

 
 

アジア関連業務

キルパトリック・タウンゼントは、環太平洋地域の主要な米国ビジネス拠点において、多岐にわたる業界および多様な所在地で豊富な経験をもつことにより、アジアで「信頼のおける」事務所のひとつとしての評判を築いてきました。キルパトリック・タウンゼントには、アジアでビジネスを行う米国企業、および米国でビジネスを行うアジアを拠点とする企業の代理を務める、複数の専門分野から構成される専任のチームがいます。

東京オフィス

日本の特許事務所であるキルパトリック・タウンゼント知財総合事務所は、2006年以来、キルパトリック・タウンゼントと提携関係を結んできました。日本の弁理士でニューヨーク州登録弁護士でもある特別カウンセルの穐場 仁が率いる東京オフィスは、キルパトリック・タウンゼントの弁護士が日本およびアジア全域でビジネスを行う日本および米国所在の顧客に助言をするために、大いに活用されています。東京オフィスは、日本およびその他のアジア市場に参入する米国企業や米国で知的財産に関する問題をかかえる日本の顧客を対象に、多岐にわたる業界で、特許に関する助言を提供することを専門としています。

免責事項

電話、郵便、電子メール、ファックスなどによるご連絡は歓迎いたしますが、Kilpatrick Townsend & Stockton LLPまたは所属の弁護士に連絡したことによって、弁護士と依頼人の関係が発生することはありません。弁護士と依頼人の関係を形成するためには、利益相反の可能性などを含む、様々なファクターを検討する必要があります。弁護士と依頼人の関係は、お客様とキルパトリック・タウンゼントの双方が、明確な契約に基づいて関係を開始することに合意した場合に限り形成されるものです。

正式な弁護士と依頼人の関係が成立するまで、お客様が秘密と見なすいかなる情報もキルパトリック・タウンゼントにお話にならないでください。

お客様が情報をお話になった場合、お客様はキルパトリック・タウンゼントが当該情報を再検討し開示する可能性があることを認めたものとします。また、お客様がたとえ当該情報の秘密性が高いと考える場合であっても、そしてキルパトリック・タウンゼントを雇用するための誠実な努力としてそれを伝えた場合であっても、お客様は、当該情報がお客様に不利な形で使用され得る案件においてさえ、そのような再検討によってキルパトリック・タウンゼントがお客様と直接対立する別の顧客の代理となる可能性が排除されるわけではないことに同意します。

×
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software