知的財産取引

技術とコミュニケーション・システムの進化により商取引における地理的障壁が消滅するのに伴い、全世界において知的財産の重要性が今後さらに高まります。知的財産は、次第に企業が所有する最も価値ある、そして持続性のある資産のひとつとなってきました。そのような資産の価値を認識し活用することは、生き残りと繁栄の違いを生み出すことでもあります。

当事務所は、知的財産の価値を活用し、それが陳腐化するリスクを査定、評価することで、様々な業界の顧客を支援してきました。当事務所の弁護士は、ライセンシング、ジョイントベンチャー、資本再構成、合併、買収、技術移転契約における顧客支援に豊富な経験を有しています。これまで、顧客および領域の分割や競合禁止契約を含め、取引前および取引後の問題に関して助言を行ってきました。

当事務所は、顧客と協力して業務に取り組み、顧客の企業目標を理解し支援します。顧客にとり価値の牽引力となるものを特定したら、知的財産に関する見解がその牽引力を支援するものか阻害するものかを査定し、顧客が取引戦略を改善するための支援を行います。

買収デューディリジェンス

ピュアIPデューディリジェンス:このデューディリジェンスには、対象となる特許の対象範囲、かかる特許の有効性および執行可能性の確認、主要競合相手と彼らが持つ主要な特許の特定、既存のライセンス契約と紛争の調査、商標の使用と施行に関する政府の権利と状況、主要な従業員がもつ既存のノウハウ一覧、その他多くの事項が含まれます。

よく見られる問題としては、以下のようなものがあります。IPが創立者または契約人により譲渡されていない、無制限の賠償、公表されているより狭い保護対象範囲または製造中止された製品のみを対象としていること、取得者の競合相手にすでにライセンスされていること。

IPおよび関連するデューディリジェンス:IPデューディリジェンスの他に、買収時に契約終了が可能であるなどの免責義務を明らかにするために、IPに関連する契約をレビューすることもできます。当事務所は、熟練した企業弁護士と名声ある知的財産弁護士を統合し、市場でも稀なユニークかつ価値あるサービスを提供します。これにより、調査の効率性が高まります。

完全なデューディリジェンス:熟練した企業弁護士がいるため、当事務所は当該プロジェクトについて、その他すべての側面のデューディリジェンスも実施できます。当事務所は、熟練した企業弁護士と名声ある知的財産弁護士を統合し、市場でも稀なユニークかつ価値あるサービスを提供します。

以下のような支援サービスを提供します。

  • 提案された取引の構造を明らかにする
  • 市場における知的財産の排他性の範囲をレビューする
  • 潜在的責任負担を特定する
  • ライセンシングのオプションについて助言する
  • 予想される税金について助言する

このデューディリジェンスには、対象となる特許の対象範囲、かかる特許の有効性および執行可能性の確認、主要競合相手と彼らが持つ主要な特許の特定、既存のライセンス契約と紛争の調査、商標の使用と施行に関する政府の権利と状況、主要な従業員がもつ既存のノウハウ一覧、その他多くの事項が含まれます。

ライセンシング

キルパトリック・タウンゼントは、取引、ジョイントベンチャーおよびマーチャンダイジング・プログラムに関連して、知的財産のライセンサーとライセンシーの双方の代理として豊富な経験を有しています。当事務所は、現在のビジネスプロセスの改善、または新事業の支援のために最先端ソリューションを必要とする企業の他、知的財産の商業化を望む技術開発者と所有者の代理も務めます。当事務所は、ライセンサーがブランドの完全性と価値を守りながら利益を最大化するための戦略計画を策定してきました。また、技術やブランドの所有者の品質管理についての懸念事項と、ライセンシーが事業を効率よく行う能力のバランスがとれた、創造的ソリューションを見出してきました。

当事務所は、資産評価から、戦略開発、慎重な契約の作成や効果的な関係管理に至るまで、ライセンシングの全サイクルにわたる支援を提供します。当事務所には、オープンソース・ソフトウェア、プライバシーおよびセキュリティ関連事項、競争力ある入札など、極めて専門性の高い分野で豊富な経験があります。当事務所の弁護士の多くは特定業界で豊富な経験を備えており、それらの業界に影響を与える固有の問題について熟知しています。

特許価値評価

当事務所の特許価値評価業務は、法律、技術、財務、および業界に関する分析を組み合わせ、特許ポートフォリオ資産の購入、売却、またはライセンス供与を検討している顧客に明確かつ現実的なインプットを提供すると共に、特許ポートフォリオの最適化を図ります。

当事務所は、広範にわたる製品、技術戦略調査から始まり、それを特許クレーム要素の法的分析に基づき調整した分析フレームワークを開発しました。この調整に基づき、顧客の特定状況または提案された取引によって、ひとつ、または複数の定量分析を実施します。このアプローチは、当該特許が他の特許で引用された回数など安直な測定基準に依存する自動プログラムより深い洞察をもたらし、より有用なものとなります。単なる統計的ツールは、クレームレベルでの分析を全く行わないからです。たとえば、統計的ツールでは、特許購入を検討している者には、特許に含まれるクレームが陳腐化した技術を対象にしているかどうかということは分かりません。

当事務所の特許価値評価チームは、米国で最大、かつ最も評判の高い特許出願および訴訟実務家群のひとつから構成されます。当事務所には、多岐にわたる関連分野での技術的バックグラウンドがあると共に、市場トレンドを熟知し、特許に関連するあらゆるタイプのディールを成立させた経験をもつ取引専門の弁護士がいます。内部調査スタッフは、効率的なサポートを提供します。さらに、当事務所には、対象分野の専門家や金融アナリスト、国際的な提携法律事務所から成る広域かつ深いネットワークがあり、そこから各契約ごとに特定の側面に関する支援を得られます。

印刷用
保存
共有
免責事項

電話、郵便、電子メール、ファックスなどによるご連絡は歓迎いたしますが、Kilpatrick Townsend & Stockton LLPまたは所属の弁護士に連絡したことによって、弁護士と依頼人の関係が発生することはありません。弁護士と依頼人の関係を形成するためには、利益相反の可能性などを含み、様々なファクターを検討する必要があります。弁護士と依頼人の関係は、お客様とキルパトリック・タウンゼントの双方が、明確な契約に基づいて関係を開始することに合意した場合に限り形成されるものです。

正式な弁護士と依頼人の関係が成立するまで、お客様が秘密と見なすいかなる情報もキルパトリック・タウンゼントにお話にならないでください。

お客様が情報をお話になった場合、お客様はキルパトリック・タウンゼントが当該情報を再検討し開示する可能性があることを認めたものとします。また、お客様がたとえ当該情報の秘密性が高いと考える場合であっても、そしてキルパトリック・タウンゼントを雇用するための誠実な努力としてそれを伝えた場合であっても、お客様は当該情報がお客様に不利な形で使用され得る案件においてさえ、そのような再検討によってキルパトリック・タウンゼントがお客様と直接対立する別の顧客の代理となる可能性が排除されるわけではないことに同意します。

×
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software