チャールズ W. グレイ

パートナー
取扱分野: 特許助言と出願手続、インターネット、買収デューディリジェンス、ライセンシング

チャールズ・グレイは、米国特許出願および国際特許出願の双方における特許の助言と出願手続を専門としています。さらに、特許の無効性および侵害分析と見解書起草においても豊富な経験を有しています。ライセンシング交渉を含む広範な知的財産に関する問題について顧客に助言を行います。

グレイ氏は、特にコンピュータ・ネットワーキング、サテライト、セルラー、その他のワイヤレス・コミュニケーションを中心とする広範な技術分野において、顧客に助言を提供しています。

また、特許助言と出願手続を中心として、アジア地域で広範な業務を行っています。アジアに住み働いた経験があるため、アジア諸国の特許業務に関する広い知識を備えています。さらに、中国標準語が流暢で、上海の復旦大学、香港大学、北京の清華大学の非常勤講師を務めています。

弁護士になる前は、ソフトウェア・エンジニアおよびプロジェクト・マネージャーとして勤務し、第二言語習得、音楽および数学の学習ソフトウェアを開発しました。また、中国の裁判官および弁護士を対象とする法律英語学習用協働ソフトウェアおよびプログラム環境も開発しました。

グレイ氏は2013年にSuper Lawyers誌で、知的財産分野におけるコロラド州の「期待の新人」に選ばれました。

学歴

University of Denver College of Law(デンバー大学法科大学)、法務博士(2006年)

Brigham Young University(ブリガムヤング大学), 理学士、 コンピュータ・サイエンス(2003年)

弁護士資格

コロラド州

「特許の最良費用対効果」、知的財産法セミナー(中国、上海)、2016年10月 25日

印刷用
保存
共有

チャールズ・グレイは、米国特許出願および国際特許出願の双方における特許の助言と出願手続を専門としています。さらに、特許の無効性および侵害分析と見解書起草においても豊富な経験を有しています。ライセンシング交渉を含む広範な知的財産に関する問題について顧客に助言を行います。

グレイ氏は、特にコンピュータ・ネットワーキング、サテライト、セルラー、その他のワイヤレス・コミュニケーションを中心とする広範な技術分野において、顧客に助言を提供しています。

また、特許助言と出願手続を中心として、アジア地域で広範な業務を行っています。アジアに住み働いた経験があるため、アジア諸国の特許業務に関する広い知識を備えています。さらに、中国標準語が流暢で、上海の復旦大学、香港大学、北京の清華大学の非常勤講師を務めています。

弁護士になる前は、ソフトウェア・エンジニアおよびプロジェクト・マネージャーとして勤務し、第二言語習得、音楽および数学の学習ソフトウェアを開発しました。また、中国の裁判官および弁護士を対象とする法律英語学習用協働ソフトウェアおよびプログラム環境も開発しました。

グレイ氏は2013年にSuper Lawyers誌で、知的財産分野におけるコロラド州の「期待の新人」に選ばれました。

学歴

University of Denver College of Law(デンバー大学法科大学)、法務博士(2006年)

Brigham Young University(ブリガムヤング大学), 理学士、 コンピュータ・サイエンス(2003年)

弁護士資格

コロラド州

「特許の最良費用対効果」、知的財産法セミナー(中国、上海)、2016年10月 25日

お問合わせ

Room 904, Building E, Chamtime Plaza, No. 6, Lane 2889, Jinke Road, Pudong New District
Shanghai, China, 201203
+86 21 3175 6199

免責事項


電話、郵便、電子メール、ファックスなどによるご連絡は歓迎いたしますが、Kilpatrick Townsend & Stockton LLPまたは所属の弁護士に連絡したことによって、弁護士と依頼人の関係が発生することはありません。弁護士と依頼人の関係を形成するためには、利益相反の可能性などを含み、様々なファクターを検討する必要があります。弁護士と依頼人の関係は、お客様とキルパトリック・タウンゼントの双方が、明確な契約に基づいて関係を開始することに合意した場合に限り形成されるものです。

正式な弁護士と依頼人の関係が成立するまで、お客様が秘密と見なすいかなる情報もキルパトリック・タウンゼントにお話にならないでください。

お客様が情報をお話になった場合、お客様はキルパトリック・タウンゼントが当該情報を再検討し開示する可能性があることを認めたものとします。また、お客様がたとえ当該情報の秘密性が高いと考える場合であっても、そしてキルパトリック・タウンゼントを雇用するための誠実な努力としてそれを伝えた場合であっても、お客様は当該情報がお客様に不利な形で使用され得る案件においてさえ、そのような再検討によってキルパトリック・タウンゼントがお客様と直接対立する別の顧客の代理となる可能性が排除されるわけではないことに同意します。

続行

×

お問合わせ

免責事項

電話、郵便、電子メール、ファックスなどによるご連絡は歓迎いたしますが、Kilpatrick Townsend & Stockton LLPまたは所属の弁護士に連絡したことによって、弁護士と依頼人の関係が発生することはありません。弁護士と依頼人の関係を形成するためには、利益相反の可能性などを含み、様々なファクターを検討する必要があります。弁護士と依頼人の関係は、お客様とキルパトリック・タウンゼントの双方が、明確な契約に基づいて関係を開始することに合意した場合に限り形成されるものです。

正式な弁護士と依頼人の関係が成立するまで、お客様が秘密と見なすいかなる情報もキルパトリック・タウンゼントにお話にならないでください。

お客様が情報をお話になった場合、お客様はキルパトリック・タウンゼントが当該情報を再検討し開示する可能性があることを認めたものとします。また、お客様がたとえ当該情報の秘密性が高いと考える場合であっても、そしてキルパトリック・タウンゼントを雇用するための誠実な努力としてそれを伝えた場合であっても、お客様は当該情報がお客様に不利な形で使用され得る案件においてさえ、そのような再検討によってキルパトリック・タウンゼントがお客様と直接対立する別の顧客の代理となる可能性が排除されるわけではないことに同意します。

×
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software