特許法セミナー2018 (2018 Patent Law Forum)

2018年10月22日(月)2:00 p.m. – 5:15 p.m. (受付開始 1:30 p.m.)

Monday, 2018年10月22日
2:00-5:15 p.m.

1:30 p.m. Registration
2:00-5:15 p.m. Forum

セミナー終了後にレセプションを予定しております。Cocktails and Hors d’Oeuvres Reception to Follow

帝国ホテル東京 蘭の間 (本館2階)
東京都千代田区内幸町1-1-1

Imperial Hotel, Ran Room (2nd Floor, Main Building)
1-1 Uchisaiwai-cho 1-chome
Chiyoda-ku, Tokyo 100-8558, Japan

平素は格別のお引き立てに預かり御礼申し上げます。

昨年に引き続き、Kilpatrick Townsendの弁護士によるセミナーを開催させて頂きます。今年のセミナーでは、以下のとおり、米裁判所の判例等を踏まえ米国特許法の最新傾向に加え、いまだ混乱の続く法定主題に関するアリス判決後の判例・実務動向を解説させて頂きます。さらに、本年は、上海オフィスのGray弁護士から中国の最新特許事情についても解説を行う予定です。ご多用のことと存じ上げますが、ご参加のほどよろしくお願いいたします。We invite you to join our distinguished patent prosecution and litigation experts for this informative and interactive discussion, which will position you to preserve and enhance your company’s ability to protect and commercialize intellectual property in a global environment.

Our speakers will discuss:

米国特許法・判例アップデート(U.S. Patent Law Update) (A. ジェームス・イズベスタ) –裁判所は、最新技術、最高裁での判断、2011年の特許法改正に基づく新しい手続などに取り組み続けており、次々と新しい判断がなされています。サンフランシスコ・オフィスのパートナーであり特許訴訟チームのリーダーであったIsbester弁護士が過去12か月の主要判例およびそのトレンドを解説し、最新の法律が各特許や特許フォリオにどのように影響するかについて解説します。The courts continue to grapple with emerging technologies, Supreme Court legal pronouncements, and procedures newly created in 2011. Mr. Isbester will summarize the key decisions of the past 12 months, correlate those decisions to existing trends, and discuss how the most recent law affects the value of individual patents and patent portfolios.

米国特許法101条の現在 – アリス判決後の状況 (The Alice Saga Continues: Further Developments in Section 101 Case Law and Practice) (Kristopher L. Reed) –2014年発行以降、最高裁が示したアリス判決の理解と適用に、裁判所と実務者の両方が奮闘しています。特許訴訟チームのパートナーであるReed弁護士が米国特許法101条に関するアリス判例後の最新の動向と特許訴訟・特許実務への影響について解説します。Since issuing in 2014, both courts and practitioners have struggled to understand and apply the principles set forth in the Supreme Court’s seminal Alice decision. Mr. Reed will discuss recent developments in Alice case law under 35 U.S.C. § 101 and the impact on both patent litigation and prosecution practice.

中国特許事情 – 冒認出願への対応・実用新案の活用 (What to Do when a Manufacturer Patents Your Company’s Inventions and Using Utility Model Applications: The Hidden Gem of China) (チャールズ W. グレイ) –競争企業やメーカーが自社の技術を中国で特許保護のために出願する際に共通してみられる問題について中国オフィスのパートナーであるGray弁護士が紹介します。具体的な説明を取り入れ、出願時に発生する関連問題について解説します。さらに、実用新案出願の利用を含めた対応策および実用新案全般についても解説します。A review of a common problem in China in which a competitor or manufacturer files for patent protection in China on your company’s technology. Mr. Gray will discuss this issue in detail and the associated problems that arise from such filings. Further, he will discuss potential remedies, including the use of preemptive utility model filings. Mr. Gray will also discuss utility models generally.

講演は英語で行われますが、同時通訳を手配する予定です。
Simultaneous translation services will be provided.

近年、そして今後の特許動向及び権利行使に関するトピックをご紹介するセミナーとなっておりますので、特許業務に関係されている方に幅広く参加頂きたいと考えております。

※弁理士会会員の皆様へ

本セミナーは継続研修の認定外部機関である「ならびの会(認定番号08-033)」の外部研修として認定を申請中です。申請が認められた場合には、業務研修(選択科目)において、所定の条件により3.0単位が付与される予定です。

Who Should Attend?

In-house counsel, benrishi, business managers, patent agents, patent engineers, and others tasked with understanding and managing patent litigation and strategy will benefit from this timely analysis of recent and upcoming changes in U.S. law.

Our panel discussion will be followed by a cocktail reception for our honored clients, special guests, and colleagues.

参加のご連絡・ご不明点は下記までお願いいたします。
斎藤 律子  e-mail : saito.ritsuko@kilpatricktownsend.jp
電話 : 03-3507-5609 / FAX : 03-3507-8668

For more information or to RSVP, please contact Ritsuko Saito at rsaito@kilpatricktownsend.com.

共有
免責事項

電話、郵便、電子メール、ファックスなどによるご連絡は歓迎いたしますが、Kilpatrick Townsend & Stockton LLPまたは所属の弁護士に連絡したことによって、弁護士と依頼人の関係が発生することはありません。弁護士と依頼人の関係を形成するためには、利益相反の可能性などを含み、様々なファクターを検討する必要があります。弁護士と依頼人の関係は、お客様とキルパトリック・タウンゼントの双方が、明確な契約に基づいて関係を開始することに合意した場合に限り形成されるものです。

正式な弁護士と依頼人の関係が成立するまで、お客様が秘密と見なすいかなる情報もキルパトリック・タウンゼントにお話にならないでください。

お客様が情報をお話になった場合、お客様はキルパトリック・タウンゼントが当該情報を再検討し開示する可能性があることを認めたものとします。また、お客様がたとえ当該情報の秘密性が高いと考える場合であっても、そしてキルパトリック・タウンゼントを雇用するための誠実な努力としてそれを伝えた場合であっても、お客様は当該情報がお客様に不利な形で使用され得る案件においてさえ、そのような再検討によってキルパトリック・タウンゼントがお客様と直接対立する別の顧客の代理となる可能性が排除されるわけではないことに同意します。

×
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software