Alerts 人工知能に関する大統領令 – NISTがパブリック・コメントを募集 – Executive Order on Artificial Intelligence – NIST Solicits Public Comment

2024年01月02日

Written by Stephen M. AnsteyGail D. Jefferson Ph.D. and Gregory P. Silberman  (和訳:穐場 仁)

2023年12月19日、米国立標準技術研究所(U.S. Department of Commerce’s National Institute of Standards and Technology, NIST)は、「人工知能の安全、安心かつ信頼できる開発と使用に関する大統領令」(Executive Order on the Safe, Secure, and Trustworthy Development and Use of Artificial Intelligence, EO)で定められた責務に関する情報提供依頼書(Request for Information, RFI)を発表した。具体的には、EOは「NISTに対し、評価、レッド-チーミング(敵対的テスト)などのガイドラインを作成し、コンセンサスに基づく標準の開発を促進し、AIシステムの評価のためのテスト環境を提供するよう指示」している。RFIに対するコメントは2024年2月2日迄の提出となっている。

RFIは、NISTがEOの4.1項 [AIの安全性とセキュリティに関するガイドライン、標準、ベストプラクティスの開発]、4.5項 [合成コンテンツがもたらすリスクの低減]、11項 [海外における米国のリーダーシップの強化]に基づくいくつかの責務の遂行」を支援するため、一般からの意見を求めていることに言及している。EOの下でNISTに課せられた「任務と計画」に関する追加情報(有益なビデオを含む)は、次でhere確認できる。

RFIの中でNISTは、EOによって設定された数多くの「課題」に「関連する情報を受け取ることに関心がある」と表明している。各課題は重要なトピックを扱っているが(RFIにはさらに詳細な情報と例が掲載)、特に関連性が高いと思われるものをいくつか以下に紹介する。

  • 生成AIの、AIリスク・マネージメント・フレームワーク(AI Risk Management Framework, AI RMF)であるNIST AI 100-1のを開発する。
  • AIが危害をもたらすために使用される可能性のある能力と制限に焦点を当てた、AIの能力を評価・監査するためのガイダンスとベンチマークを作成すること。
  • AIの開発者が、敵対的テスト(レッド-チーミング)を通じてAIシステムのサイバーセキュリティの有効性を評価し、安全、安心、信頼できるシステムの導入を可能にするための、適切な手順やプロセスを含む、AIの安全性とセキュリティに関するガイドライン、基準、ベストプラクティスを確立する。
  • 合成コンテンツの作成、検出、ラベリング、監査に関する懸念トピックについて意見を求める。
  • AI関連のコンセンサス・スタンダードの開発・実装、連携協力、設計基準において考慮すべき情報共有に関するトピックについて情報を求める。

RFIへの回答は、2024年2月2日までに受領されなければならない。AIシステムの開発者、研究者、ユーザーは、NISTの情報提供要請や、今後数ヶ月の間にEOで取り上げられた他の機関が募集する要請への対応を強く検討すべきである。

Click here for the Original English version.

 

Kilpatrick

Kilpatrick – Generative AI

キルパトリック・タウンゼントの生成AI実務は、クライアントと協力して、最も差し迫ったAIの懸念や課題に取り組み、クライアントの全体的なビジネス戦略や目標に沿った結果を達成するお手伝いをいたします。知的財産、プライバシー、サイバーセキュリティ、米連邦法および規制、商取引、紛争解決などの分野を専門とする当事務所のチームは、生成AIに関連するリスク、コンプライアンス要求および有利なチャンスをモニターし、積極的に対処します。詳しくは、弊所ウェブサイトKilpatrick – Generative AIをご覧ください。

Kilpatrick – Government and Regulatory

キルパトリック・タウンゼントの政府と規制実務は、AI、エネルギー、持続可能性、部族、金融、分散型台帳技術(ブロックチェーンを含む)、デジタル資産(暗号通貨、ステーブルコイン、トークン化および中央銀行デジタル通貨(CBDC))を含む、広範かつ業界特有の事項まで、政策、立法、規則制定、コンプライアンス、規制に関する法的サービスや法的ガイダンスを提供しています。詳しくは、弊所ウェブサイトKilpatrick – Government & Regulatoryをご覧ください。

Kilpatrick – Cybersecurity, Privacy & Data Governance

キルパトリック・タウンゼントのサイバーセキュリティ、プライバシー&データ・ガバナンス実務は、クライアントが最も重要な情報を、最も現実的で費用対効果が高く、ビジネスに焦点を当てた方法で保護できるよう支援します。弊所チームは、複雑化するプライバシー、データ保護、サイバーセキュリティに関する世界的な規制の枠組みへの対応、あらゆる情報関連リスクの予測と管理、情報の価値の最適化と適切な収益化、インシデントの抑制と迅速かつ効果的な対応、紛争や調査の防止と管理、回収と回復力の最大化などで、クライアントをサポートします。詳しくは、弊所ウェブサイトCybersecurity, Privacy & Data Governanceをご覧ください。