Alerts Vidal v. Elster: 最高裁、ランハム法(Lanham Act) Section 2(c)の合憲性を確認する – Vidal v. Elster: The Supreme Court Affirms the Constitutionality of Section 2(c) of the Lanham Act

2024年06月14日

Written by Theodore H. Davis Jr. and Ryan S. Kurtiak  (和訳:穐場 仁)

Vidal v. Elsterにおいて、1 米連邦最高裁判所(Supreme Court)は、「本人の署名による同意がある場合を除き、存命中の特定の個人を示すいかなる名称、ポートレートまたは署名」も商標またはサービス・マークとして登録することを禁止しているランハム法(Lanham Act) Section 2(c)の合憲性を審理した。2 これは、米特許商標庁(U.S. Patent and Trademark Office)がDonald Trump前大統領の風刺を含む商標の登録を拒絶したことに関するもので、最高裁は、全会一致ではないものの、かかる拒絶は出願人の言論の自由を侵害するものではないと判示した。3 この結論に至るにあたり、最高裁は、内容差別的(視点差別的ではない)言論制限の合憲性を評価するための通常のテスト、すなわちCentral Hudson Gas & Electric Corp. v. Public Service Commissionのテストを適用しなかった。4 その代わりに、商標登録の文脈の内外でCentral Hudsonの終焉を示す可能性のある歴史的分析を行った。この文脈に関して、最高裁は、この判示をSection 2(c)に限定することに苦心し、他の登録不能事由のグループの合憲性評価の枠組みを明確にし得るいかなる意図をも否定した。しかしながら、この方法論は、Section 2(c)のような長い歴史的文脈を欠いている登録不能事由に対する挑戦を支持することになるかもしれない。このような事由には、比較的最近に法律に追加されたものや申請されたマークが、判例法より最近になって認識された、商標として機能しないという法定外の事由も含まれる。

本Legal Alertの全文は、こちらをクリックしてください。

Click here for the Original English version.